Omiya Park Life

Omiya Park Life

by 大宮戦術談議会

【第21節終了時点】大宮アルディージャMVPアワード2020

f:id:Omiyadangikai:20200926003326p:plain

Illust by Illust AC


師から教わった型を忠実に守る

自分により合った方法を模索して既存の型を破る

既存の型に囚われることない新しい型を生み出し、師から離れる

 

 いわゆる、『守・破・離』の概念。

 語源は諸説あるそうですが、

武道や茶道など、日本では様々なジャンルで古くから伝わる言葉だそうで、

みなさんもよく見聞きする機会がこれまでにもあったのではないでしょうか。

 

第21節分の得票数を発表いたします。

 

 試合には敗れてしまいましたが、

これまでの敗戦よりも多くの肯定的な意見・感想を筆者は目にしました。

それは、チームの成長がようやく『破』の段階にさしかかろうとしており、

そしてその兆しは、アカデミー出身の選手たちが中心となって見せてくれたから。

なのではないでしょうか。

 

みなさんがどのようにこの試合を捉えていたのか、

今節分もご紹介します。

 

それではまいりましょう!

 

 選手への応援コメント

 

まずはいつもと同様に、

選手への応援コメントをご紹介します。

 

#1 笠原昂史

MIPは、ベンチの笠原選手。ピッチサイドからのコーチング。

声の大きさに、改めて、サッカーはチームプレイだと思いました

 

久しぶりに姿が見れて嬉しかったのと、

試合に出ていなくても、手を叩いて声を出してくれてたのが印象に残った。

 

#10 黒川淳史

よかった選手を挙げるとキリがないけれど今節は黒川を挙げたい。

ゴールのみならず攻守の切り替えが素晴らしかった。

勝てなかった悔しさは残るし連戦は続くけれど、

いい流れは来ていると思うから後半戦もひとつひとつ闘って欲しい!

 

得点したあとゴール内のボールをつかんで

風のようにセンターサークルに走っていった黒川くん。

2015年優勝決定戦のムルジャを思い出しました

 

群馬戦以来のゴールおめでとう!

点とったあとのゴール裏に向かっての煽りを見て、込み上げてくるものがありました。

 

ゴールはトライ&エラーの賜り物

何度止められても折れずに貫いた結果のゴール。

少しずつ自信を取り戻しつつあるチームを背中で引っ張って欲しい。

 

#13 渡部大輔

渡部選手とイッペイ選手は良かった。

やはりWBは縦の推進力が大事ですね、攻撃が停滞します。

 

今日の大ちゃんは一味違ったので次も期待

 

#18 イッペイ シノヅカ

今日のイッペイは久しぶりに去年のイッペイが戻って来た感じでワクワクした!

どんどん仕掛けてチームに勢いをもたらして欲しい!

 

彼のドリブルの状態と積極性が戻ってきた事はチームにとっては大きなプラス。

去年は後半戦の起爆剤となっただけに、今季もそういう存在になってくれる事を期待したい。

 

イッペイ。やはり抜群の突破力。少し視野広がったか?こんなん相手にいたら絶対嫌だわ。 

 

#26 小島幹敏

あそこに小島!ここに小島!また小島!

 

小島は別格だった。

ボランチでのポジションの良さ、視野の広さ、プレースピード。

J1に引き抜かれないかが心配である。

西村は前への意識が高かったため攻撃に厚みをもたらした。

もちろんリスクは増えるが、リスクを気にしていたら点は入らない。

徳島は後半442のように見えたが、2点リードからショートカウンターをメインに選択したと思う。それは大宮にとっては都合が良かった。

90分通して、相手のプレスを剥がす事に挑戦してくれたチームに感謝しています。

次節も継続して挑戦してほしいものです。

 

終盤の猛攻のタクトを振るってたのは彼のパス。

小島と黒川と奥抜ゴール前を固められたゴール前も崩せそう。

 

この選手の可能性を侮っていた訳ではないのですが、

正直ここまでとは… 

形容する言葉を探すほど素晴らしい選手になりつつあると思います。

来年の楽しみが増えました。

 

そんなに動いて大丈夫なのかと心配になるくらい運動量がエグい。そしてパスがエロい。

 

シャドーからボランチと試合の中でポジション変更があったが、

どちらのポジションでもチームの中心として君臨していた

 

数字はまだまだだが、プレーは完全に一皮剥けた感がある

シャドー、ボランチの両ポジションで好パフォーマンスを見せた事も印象的。

中断明け後のシーズン序盤を考えれば、ユース同期の小野や黒川に遅れを取った感もあったが、チームの絶対的な存在に成長したのも喜ばしい。

 

今節得票数

 

そして、今節における各選手への得票数は

以下の通りとなります。

 

f:id:Omiyadangikai:20200926103016p:plain

第21節分得票数(Googleフォーム)

 

  

談義会メンバー投票

 

#10 黒川淳史:メキシコ・ダレオ・牛眼光・なかしー

#13 渡部大輔:佐敷邦衛

#26 小島幹敏:Zdenko・コルク・ヨシまる

 

33票を集めた小島幹敏選手が、第21節の最多得票となりました。

 

小島選手はこれで、3試合連続での最多得票となります。

天才肌と評されてきたアカデミーの勇が、いよいよ覚醒の時を迎えているのでしょうか!?

ますます、彼の一挙手一投足から目が離せなくなるかもしれませんね!

 

総得票数(第21節終了時点)

そして、上記の得票結果を踏まえた総得票数は以下の通りです!

 

順位 選手名 総獲得pt数 前回順位より
1 フィリップ クリャイッチ 292.04
2 黒川淳史 251.18
3 翁長聖 224.01
4 戸島章 213.94
5 小野雅史 208.05
6 西村慧祐 152.98
7 小島幹敏 150.00 ↑ 4
8 富山貴光 137.06 ↓ 1
9 三門雄大 135.96 ↓ 1
10 笠原昂史 134.96 ↓ 1
11 大山啓輔 130.00 ↓ 1
12 渡部大輔 122.01
13 奥抜侃志 115.80
14 河本裕之 106.02
15 山越康平 101.99
16 近藤貴司 94.02
17 イッペイ シノヅカ 89.98 ↑ 2
18 河面旺成 87.00 ↓ 1
19 ヴィターリス マクシメンコ 83.00 ↓ 1
20 イバ 77.00
21 髙田颯也 72.00
22 畑尾大翔 70.00
23 ネルミン ハスキッチ 33.00
24 嶋田慎太郎 16.00
25 酒井宣福 14.00
26 菊地俊介 13.00 ↑ 1
27 石川俊輝 11.99 ↓ 1
28 松本健太 9.00
29 加藤有輝 7.00
30 吉永昇偉 1.00

 

小島選手が一気に4ランクアップ!

さらに黒川選手も、今節の得票で首位のクリャイッチ選手を猛追。

 

 

最後に

 筆者は不勉強で知らなかったのですが、

前述の守破離の概念を、

茶人の千利休はこう述べているそうです。 

 

規矩作法 り尽くしてるともるるとても本を忘るな

 

「本を忘るな」とは、「型を破り離れても根元の精神を忘れてはならない」

という意味であり、その根元の精神・型が何であったかを放棄して型を破るのは、

形無しなのだそうです。

形無し

 

本来の価値が損なわれ、何の役目しなくなる・こと(さま)。台無し

体面が損なわれ、みじめな状態になる・こと(さま)。面目まるつぶれ

元の姿・形が損なわれてしまうこと。 

 

三省堂 大辞林より

 

次のステップに進んだとはいえ、

現在のアルディージャは果たして、手にした本をきちんと読み終えられたのでしょうか。

あるいは、安易にそれを破り捨てられるほど、既に自己が確立できているのでしょうか。

 

筆者個人としては、

今の本はまだまだ手元に置いて読んでいたい

そう考えます。

 

次節はまたも、手強いチームとの対戦となります。

しかし、だからこそ、チームが次の段階へ進めているか、

自身を試すにはうってつけの相手とも言えるでしょう。

つまりは、いつもと同じです。

 

次はマジで勝つ!

  

おわり

【第20節終了時点】大宮アルディージャMVPアワード2020

f:id:Omiyadangikai:20200922205826p:plain

Illust by Illust AC

前節の課題にも取り組んでいたし、改善も見られた。

それによって作られたチャンスもあった。

ただ、勝てる試合ではあったんだけど結果が……

筆者個人としては、そんな印象を受けた今節でした。



第20節分の得票数を発表いたします。

 

この試合が単なる応急処置に終わってしまったのか、

それともチームベースを見失わず、改善に取り組んだ結果だったのか。

今回も寄せられたコメントから、みなさんはどちらと受け取るのでしょうか。 

 

それではまいりましょう!

 

 選手への応援コメント

 

まずはいつもと同様に、

選手への応援コメントをご紹介します。

 

#10 黒川淳史

今日の試合は誰か1人に決めるのは難しいですが、

敢えて期待を込めて、黒川選手。

黒川選手のゴールが見たい

 

調和が取れてきました。 その調和の立役者。

チームのためになすべきことを優先してる感ある。

大宮を変えます、その一言は、このことだったのかもしれません。

 

#15 大山啓輔

今日は彼の日だった。

オープンスペースにも狭いところも通せるパスの精度と視野の広さ。

守備の面でも相手より一歩速く動くことで、

フィジカルでの真っ向勝負に持ち込ませなかった。

適切なポジショニングができていたのではないでしょうか。

 

攻撃のアイディア、前を向かせるパス、気持ちを出した守備。

大山選手の良さが詰まった試合でした。これは惚れる

 

#26 小島幹敏

小島と大山は足元エロいコンビ

 

涼しい顔してすっごく頑張ってたと思う、まさとに一票!

せめて枠、と解説さんに言われたけど、ワクワクさせてもらった!

怪我しませんように!!

 

#高木琢也

「とかくそういうところを見る人が多いと思いますが、それよりも」と言って、

選手が改善できていることを淡々と述べる高木監督のぶれなさがよかった

そういう監督だからチームがバラバラにならずに続けられていると思います。

昇格のプレッシャーが誰より強いのは他ならぬ監督のはず。強い方ですね。

 

 

 

今節得票数

 

そして、今節における各選手への得票数は

以下の通りとなります。

 

f:id:Omiyadangikai:20200923000213p:plain

第20節得票数(Googleフォーム)

 

  

談義会メンバー投票

 

#6 河面旺成:なかしー・ヨシまる

#15 大山啓輔:コルク・佐敷邦衛・ぱっち

#26 小島幹敏:ダレオ・牛眼光

#50 畑尾大翔:ちくき

 

 

12票を集めた

大山啓輔選手・小島幹敏選手が

第20節の最多得票選手となりました。

 

 

総得票数(第20節終了時点)

そして、上記の得票結果を踏まえた総得票数は以下の通りです!

 

順位 選手名 総獲得pt数 前回順位より
1 フィリップ クリャイッチ 290.04
2 黒川淳史 228.18
3 翁長聖 224.01
4 戸島章 211.94
5 小野雅史 207.05
6 西村慧祐 149.98
7 富山貴光 137.06
8 三門雄大 133.96
9 笠原昂史 132.96
10 大山啓輔 130.00
11 小島幹敏 120.00 ↑ 2
12 渡部大輔 115.01 ↓ 1
13 奥抜侃志 113.80 ↓ 1
14 河本裕之 106.02 ↑ 1
15 山越康平 101.99 ↓ 1
16 近藤貴司 94.02
17 河面旺成 84.00
18 ヴィターリス マクシメンコ 82.00
19 イッペイ シノヅカ 77.98 ↑ 1
20 イバ 77.00 ↓ 1
21 髙田颯也 70.00
22 畑尾大翔 70.00
23 ネルミン ハスキッチ 33.00
24 嶋田慎太郎 16.00
25 酒井宣福 14.00
26 石川俊輝 11.99
27 菊地俊介 10.00
28 松本健太 9.00
29 加藤有輝 7.00
30 吉永昇偉 1.00

 

 

最後に

 

 アカデミー出身の選手を中心に

内容面での盛り返しの兆しを見せているとはいえ、

現在の昇格圏との勝ち点差をみれば、

昇格レースに参加できているとはお世辞にも言えない状況です。

 

 

気がつけば今シーズンも折り返し地点を迎えます。

 

チーム状況の改善に努めているこのタイミングで、

J2リーグでも高いレベルの完成度を誇っている徳島と当たるのは嫌だな、

と感じている方はいらっしゃるかもしれません。

かくいう、筆者も多少の怖さを感じています。

 

しかし、どんなコンディションであろうと試合に臨まなければならない

選手のためにも、

せめて試合が終わるその時までは、選手たちを勇気づける強い気持ちを、

応援として送ってあげてほしい。

筆者はそう願います。

 

つまりは、次は勝つ!マジで勝つ!!!

 

台風がくるそうですが、

スタジアムへの行き帰りはどうかみなさんもお気をつけくださいね

 

おわり

【第9節終了時点】大宮アルディージャMVPアワード2020

f:id:Omiyadangikai:20200919090800p:plain

Illust by Illust AC



 

延期となっていたホーム・福岡戦がようやく開催されました。

 

消化試合数がようやく他チームと同数となり、

しかも、勝てば1ケタ順位も見えたこの試合を落としたのは、

痛手だったかもしれません。

 

第9節分の得票数を発表いたします。

 

前節の課題克服を選手も意識していながら、

あとひと伸び 、あと一歩が結果としてついてこないという苦しい状況ではありますが、

ファン・サポーターから見たチームのストロング、そして改善点はどこなのでしょうか。

 

それではまいりましょう!

 

 選手への応援コメント

 

まずはいつもと同様に、

選手への応援コメントをご紹介します。

 

#6 河面旺成

本格的なWB起用は2試合目となったが、

ボール保持時にはチーム随一のセンスを発揮。

「河面さすがに見えてるな」と思えるプレーが多かった。

チームとしては苦しい状況…副主将としての役割も声であったり、

分かりやすいカタチで発揮してほしい

 

#10 黒川淳史

彼の動きは、意表をつく。 人間はこんな動きもできるのかと、一種の驚き。

 

大宮を変えるという意識の見えるプレーでした!

スタメン復帰を待ってます! 積極的なプレーを期待します!

 

#26 小島幹敏

 小島選手のチームになりつつある、という印象です。

もっとスムースになってくれば点は取れるかなと。

 

全てがエロい(褒めてます)。良くを言えば、もっと周りに要求をしていい。

今こそ強気に!周りも着いてくるはず!

 

夜明けは彼が連れてくる。確信。

 

#50 畑尾大翔

身体を張ってピンチを防いだり、味方を鼓舞したりとピッチで存在感を放っていました。

 

ビハインド時でも、声を出してチームを盛り立てようとした姿に心を打たれた。

プレー自体も、持ち上がりは少なかったにしろ、

タイミングのいい上がりは見せたし、本職の守備でも数点は防いだと言える出来。

彼の鼓舞に応えられるチームになってほしい

 

1番は畑尾です。

今日も声出してたし、身体はってました。

試合終了後もしばらく倒れこんでて、悔しい気持ち伝わりました。

誕生日だし、あんな顔させたくなかった。こちらも泣きそうでした。

 

#その他

※応援コメントとは多少趣きが異なりますが、

 「そうだと思う」「いや、そんなことはなかった」などの意見交換を促す、

 問題提起として意義のあるコメントと思いましたので取り上げました。 

三門はポゼッションの立ち位置を理解できてない。

2トップに対してサリーする必要もない。クロースロール含めて。

後ろに重くなるし。

ウイングの2人も位置的優位を理解してないから、

ハタオとマクシが相手のサイドハーフの追撃を引き出して

ワイドにつければ前進できるのに。そう思いませんか?

 

 

今節得票数

 

そして、今節における各選手への得票数は

以下の通りとなります。

 

f:id:Omiyadangikai:20200919160822p:plain

第9節得票数(Googleフォーム)

 

  

談義会メンバー投票

 

#10 黒川淳史:メキシコ・コルク・佐敷邦衛・ヨシまる

#26 小島幹敏:ぱっち

#50 畑尾大翔:ダレオ・なかしー

 

第9節の最多得票は、計9票を集めた

小島幹敏

フィリップ クリャイッチ

畑尾大翔

計3選手による、本企画初のトリプル受賞となりました。

 

 

総得票数(第9節終了時点)

そして、上記の得票結果を踏まえた総得票数は以下の通りです!

 

順位 選手名 総獲得pt数 前回順位より
1 フィリップ クリャイッチ 289.04
2 黒川淳史 225.18 ↑ 1
3 翁長聖 223.01 ↓ 1
4 戸島章 209.94
5 小野雅史 207.05
6 西村慧祐 149.98
7 富山貴光 137.06
8 三門雄大 133.96
9 笠原昂史 130.96
10 大山啓輔 118.00 ↑ 2
11 渡部大輔 115.01 ↓ 1
12 奥抜侃志 112.80 ↓ 1
13 小島幹敏 108.00 ↑ 2
14 山越康平 101.99 ↓ 1
15 河本裕之 100.02 ↓ 1
16 近藤貴司 94.02
17 河面旺成 81.00
18 ヴィターリス マクシメンコ 80.00
19 イバ 76.00
20 イッペイ シノヅカ 74.98
21 髙田颯也 70.00
22 畑尾大翔 62.00
23 ネルミン ハスキッチ 33.00
24 嶋田慎太郎 16.00
25 酒井宣福 14.00
26 石川俊輝 11.99
27 菊地俊介 10.00
28 松本健太 9.00 ↑ 1
29 加藤有輝 7.00 ↓ 1
30 吉永昇偉 1.00

 

 

 

最後に

もちろん、本人が毎節それに値するプレーをしているというのが最大の要因ではありますが、

今シーズンの軸になる選手がある程度固まってきたのかな

 という印象を、得票数やいただいているコメントから、徐々に感じてきております。

 

過密日程ですので、

チーム全体の平均レベルを高く押し上げること、

そして、誰が出ても一定以上のクオリティを発揮できる方が良いに越したことはありませんが、

決して良いとはいえないチーム状況において、

屋台骨を固めてくれそうな選手の台頭は明るい材料になるのではないでしょうか。

 

11連戦もいよいよ佳境にさしかかります。

選手とファン・サポーターのどちらもモヤモヤする状況となってしまっていますが、

やること、目指す場所は決まりきっていますから、

シンプルに思い切り、のびのびとした積極性で次の試合に臨むだけではないでしょうか。

 

 

次はマジで勝つ!

  

おわり